*

アスファルト合材

Sponsored Link

道路舗装工事のメイン材料であるアスファルト合材について

粗粒度20
それほど頻繁には利用されない合材ですが、1層構成の場合や交通量の少ない道路に利用されます。
価格も他アスファルト合材に比べ安価で購入することができます。
価格は地域により変動しますが、t当り6800円~9000円が相場となります。

密粒度20
最も頻繁に利用されるアスファルト合材の種類が密粒度シリーズです。
基本的に基層アスファルトには13Fを、そして表層アスファルトには20Fを使用します。
利用用途からも予測できると思いますが、13Fより20Fの方が細かい粒子で構成されているのです。
粒子が細かいほど表面を高密度にそして平坦に仕上げることが可能となります。
価格は地域により変動しますが、t当り7000円~9000円が相場となります。

密粒度13
最も頻繁に利用されるアスファルト合材の種類が密粒度シリーズです。
基本的には基層アスファルトには13Fを、そして表層アスファルトには20Fを使用します。
13Fは20Fに比べると粒子は粗く、仕上げ材としては多少不満の残る合材となります。
価格は地域により変動しますが、t当り7000円~9000円が相場となります。

細粒度13
それほど頻繁には利用されない合材ですが、名前の通り、密粒度20より更に細かい粒子で構成されている合材です。
進入道路や取り付け道路などの小規模工事に頻繁に利用され、価格は他アスファルト合材に比べ高価となります。
価格は地域により変動しますが、t当り8000円~10000円が相場となります。

改質Ⅰ型
それほど頻繁には利用されない合材ですが、坂道や比較的事故の多い交差点等に利用される合材です。
特殊な合材で、滑り止めや対摩耗効果があり、他アスファルト合材に比べ高価な合材となります。
価格は地域により変動しますが、t当り9000円~11000円が相場となります。

Sponsored Link

1級土木を一発合格した方法

1級土木施工管理技士の実地試験
一発合格した方の体験談を載せておきます。
  • 何年受けても実地だけ合格できない
  • 少しでも早く合格したい
  • 論文が苦手だ、暗記ができない
  • 上司に早く取得するよう言われている
  • 転職するため今年中に取得したい
  • 受けるなら一発で合格したい
このように思っている方は読んでみて下さい。
1級土木施工管理技士の勉強方法



PREV
乳剤

関連記事

乳剤

舗装工事に利用される乳剤について。 PK-3 上層路盤と基層アスファルトの間に塗布される乳剤

記事を読む

土類

舗装工事に利用される一般的な土類について。 砂 土類の中で最も多く使われるのが砂です。みなさんが

記事を読む

石類

舗装工事に利用される一般的な石類について。 クラッシャラン 最も利用される砕石で最大で40m

記事を読む

Sponsored Link
PAGE TOP ↑