*

都道府県道の舗装構成

Sponsored Link

都道府県道の一般的な舗装構成をご紹介します。
下図が一般的な構造図です。

ご覧の通り、アスファルト舗装は3㎝+4㎝=7㎝と最も身近な舗装道路です。

国道より強度的に劣りますが、最も利用されている構成で、一般車が通るにはコスト面を考えても最適な構成かと思います。
基層(4㎝)、表層(3㎝)の計2層で仕上げます。
また路盤は国道とさほど変わりはなく、一般的には上層路盤は10㎝程度、下層路盤は30㎝程度で構成されています。
国道と同様、交通量の多い都道府県道ですが、最近は補修の工法として路上再生路盤工が一般的のようです。
まずクラック(ヒビ割れ)を補修し、アスファルト表面のみ切削し、練り混ぜて再度敷均すという工法です。
公共機関もコストを考えなければならない時代ですから、上記のようなエコ的な工法が用いられていると思われます。

Sponsored Link

1級土木を一発合格した方法

1級土木施工管理技士の実地試験
一発合格した方の体験談を載せておきます。
  • 何年受けても実地だけ合格できない
  • 少しでも早く合格したい
  • 論文が苦手だ、暗記ができない
  • 上司に早く取得するよう言われている
  • 転職するため今年中に取得したい
  • 受けるなら一発で合格したい
このように思っている方は読んでみて下さい。
1級土木施工管理技士の勉強方法



関連記事

市町村道の舗装構成

市町村道の一般的な舗装構成をご紹介します。 下図が一般的な構造図です。 ご覧の通り、アスファ

記事を読む

飛行場滑走路の舗装構成

飛行場滑走路の一般的な舗装構成をご紹介します。 下図が一般的な構造図です。 ご覧の通り、流石

記事を読む

国道の舗装構成

国道の一般的な舗装構成をご紹介します。 下図が一般的な構造図です。 ご覧の通り、アスファ

記事を読む

Sponsored Link
PAGE TOP ↑