*

飛行場滑走路の舗装構成

Sponsored Link

飛行場滑走路の一般的な舗装構成をご紹介します。
下図が一般的な構造図です。

ご覧の通り、流石滑走路と言わんばかりの頑丈な舗装道路ですね。
普段私達が車で走っているアスファルト層は一般的に2層ですが、なんと滑走路は計4層で成り立っているんです。
更にその下層にコンクリートの床版という構成となります。
この図にはございませんが、実は最下層のコンクリート床版の下は砕石や土ではありません。
ジャケット構造といいまして、コンクリート床版の下には杭が何本も打設してあり、杭と杭を鋼管トラス構造にジャングルジムのように組み立てられているのです。
更にその上に鋼桁が挟まれているので、旅客機が墜落でもしない限り壊れる事はまずあり得ないでしょう。
以上のように飛行場滑走路の舗装はアスファルト舗装の中でも最も頑丈なアスファルトと言えるのです。

Sponsored Link

1級土木を一発合格した方法

1級土木施工管理技士の実地試験
一発合格した方の体験談を載せておきます。
  • 何年受けても実地だけ合格できない
  • 少しでも早く合格したい
  • 論文が苦手だ、暗記ができない
  • 上司に早く取得するよう言われている
  • 転職するため今年中に取得したい
  • 受けるなら一発で合格したい
このように思っている方は読んでみて下さい。
1級土木施工管理技士の勉強方法



関連記事

市町村道の舗装構成

市町村道の一般的な舗装構成をご紹介します。 下図が一般的な構造図です。 ご覧の通り、アスファ

記事を読む

都道府県道の舗装構成

都道府県道の一般的な舗装構成をご紹介します。 下図が一般的な構造図です。 ご覧の通り、アスフ

記事を読む

国道の舗装構成

国道の一般的な舗装構成をご紹介します。 下図が一般的な構造図です。 ご覧の通り、アスファ

記事を読む

Sponsored Link
PAGE TOP ↑