*

下層路盤

Sponsored Link

下層路盤とは、下図をご覧の通り各層の中では中堅クラスと言いますか、砂材から石材に変わるとても重要な部分となります。
道路構成
上図のように下層路盤というものは、普段私達が歩いている舗装版から約20~30㎝ほど下がった部分に存在するものです。
一般的に、砕石を使用し30㎝前後の厚さで仕上げます。
使用材料と使用機械と施工方法は下記をご参照下さい。

使用材料と機械

下層路盤の使用材料は主に「」となります。
殆どの場合は、購入した新材を利用します。
機械は、まず表面の不陸を整正するもの。
モーターグレーダーやブルドーザが一般的でしょう。
そして表面の転圧をするもの。
タイヤローラーとマカダムローラーが一般的でしょう。

施工方法

実際の施工写真です。
下層
砕石(C-20またはRC-40)を使用し、モーターグレーダーやブルドーザで不陸が生じないよう敷均し、タイヤローラーとマカダムローラーの複合転圧で所定の密度に仕上げます。
基準高は±45を規格値とし、規格外にならないよう慎重に施工する。

Sponsored Link

1級土木を一発合格した方法

1級土木施工管理技士の実地試験
一発合格した方の体験談を載せておきます。
  • 何年受けても実地だけ合格できない
  • 少しでも早く合格したい
  • 論文が苦手だ、暗記ができない
  • 上司に早く取得するよう言われている
  • 転職するため今年中に取得したい
  • 受けるなら一発で合格したい
このように思っている方は読んでみて下さい。
1級土木施工管理技士の勉強方法



PREV
路体
NEXT
上層路盤

関連記事

上層路盤

上層路盤とは、下図をご覧の通りアスファルト舗装版の下地となる部分をいいます。 上図のように上層

記事を読む

表層アスファルト

下図をご覧の通り、やっと地面部分に到達しましたね。 表層とは道路の表面です。2層あるアスファルト舗

記事を読む

基本的な道路の構造

基本的に道路というものは、いくつもの層で成り立っていて私たちが普段目にしているアスファルト舗装面は全

記事を読む

路体

路体とは、下図をご覧の通り道路の土台とも言えるとても重要な部分であります。 上図のように路体と

記事を読む

路床

路床とは、下図をご覧の通り路体の次の層に当たる部分で、路体同様「道路の土台」と言えるとても重要な部分

記事を読む

基層アスファルト

下図をご覧の通り、やっと地面に近づいてきましたね。 基層とは2層あるアスファルト舗装版の下層の部分

記事を読む

Sponsored Link
PAGE TOP ↑